So-net無料ブログ作成

PHSに携帯を追加しました。 [PHS]

今回の地震の被害に遭われた皆様に、お見舞いを申し上げます。
また、お亡くなりになられた皆様には、謹んでお悔やみ申し上げます。

さて、被災地周辺では携帯電話各局は移動基地局を設置したりしていますが、PHSはまた停止している基地局が多いようです。

PHSはマイクロセル方式で基地局が多数ありますが、自家発電装置とかは無いので停電してしまうと止まってしまいます。また、足回りがNTTのISDN回線(上位レベルははウィルコムIPネットワーク)なので、電話回線が切れると止まってしまいます。

DDIポケット→アステル→ドコモPHS→ウィルコム(ドコモPHSから同番移行)と長年使ってきたPHSですが、今回の震災を機に携帯に変えることにしました。

ドコモ、au、ソフトバンクと検討しました。
海外での利用を考えるとソフトバンクですが、国内の電波状況を考えると、やはりドコモかauになります。

先輩や友人に旧KDD関係者がいることもあり、結局、auにしました。
(ソフトバンクショップの印象があまりよくなかったこともあります)

端末もいろいろ調べたのですが、シャープのSH009にしました。
最大のポイントは、FMラジオが入っているところです。
テレビ局が被害にあってワンセグが止まっても、FM局なら受信できる可能性は大です。
また、阪神淡路大震災の時はコミュニティFM局が活躍しましたね。

(実際には、FM用アンテナが内蔵されていないため、ヘッドホンの接続が必要になります)

おサイフケータイもBlueToothもついてるし、3G国際ローミングもできるので、韓国や中国でも使えます。

現在はウィルコムのWX130Sを使っています。
P-SIMを入れれば中国でも使えるとのことでしたが、実際には新規にP-SIMを契約することはすでにできなくなっているようです。
広大な中国では、サービスエリアが都市部だけに限られる「小霊通」はあまり普及しなかったようですね。日本と違い、都市間ローミングもできないようですし。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。