So-net無料ブログ作成
検索選択
パソコン ブログトップ
前の10件 | -

左手用トラックボール M-XT4DRBK 購入しました [パソコン]

ロジテック(ロジクール)の左手用マウスMX-610Lを使っていますが、最近調子が悪くなりました。
ロジテック製マウスで良くあるらしい、ボタンのチャタリングです。

壊れたときのために予備を探していたのですが、これと言ってよさげな無線マウスはありません。
(有線接続では、Razerが有名ですが)
サンワサプライでエルゴノミクスマウスが発売されていたのですが、現在は販売終了とのことです。
サンワサプライ 有線 エルゴノミクス形状 左利き用 MA-ERG2LH

類似品はEvoluent バーティカルマウス4 左利き用 VM4L



↑サンワサプライ製より高い(^_^;

そこで、購入したのがトラックボールです。(これまたエレコム社)
ワイヤレストラックボール(左手・親指操作タイプ) M-XT4DRBK




↑ 私が購入したのは ¥ 6,458 だったのですが、なんか、いつの間にか値上がりして とんでもない値段になっていますね(^_^;

トラックボールはLet's noteで愛用していましたので快適なのは判っていますが、当時は右手でボール、左手でボタンにしていましたので、ドラッグ操作にはまだ慣れないですね。
マウス感覚で本体を動かしてしまったり(^_^

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

続:デスクトップPC 無線化 [パソコン]

近所で無線LANを使う人も増えたようですので、デスクトップPCも5GHzでつなぐことにしました。

同じくエレコム・ロジテックのLAN-W450AN/U2にしました。
(旧型製品のため、某電気屋さんで在庫処分価格でした)

現行商品は11an対応のLAN-W450ANU2Eです。




最初は、なぜか動作が不安定だったのですが、付属のUSB延長ケーブルを使わずにPCのUSBポートに直接つないだところ、全く問題なく、快適に動作しています。

付属のUSBケーブルも、特に問題はなさそうです。現在は無線マウスのUSBドングルの延長用に使っています。
うーん、何だったんだろう? とりあえず結果オーライです。

もちろん、親機の関係上、450Mbpsは出ずに、max 300Mbpsになります。
リンク速度は、親機が1階、PCが2階で、108Mbpsになっています。
(ネット自体がケーブルテレビの20Mbpsなので、全く問題なし)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デスクトップPC 無線LAN化 [パソコン]

最近、有線LANの調子が悪くなりました。
無線LANは問題ありません。

調べたところ、有線LAN配線の問題ではなく、パナソニック製PLCの不調のようでした。

やっぱり、PLCを使っていると多少なりとも短波ラジオに雑音が入る(ラジオ日経は問題ないとしても)ので、無線LANにすることにしました。
2階なので5GHzだと電波が弱いので、無難なところで2.4GHzにすることにしました。

ネットで調べてみると、エレコム・ロジテックのテレビ用が一番安いので、購入しました。
802.11g/nの150MBですが、上位がCATVなんで、十分な速度です。





設定は、WPSを使わず手動でしましたが、簡単でした。(セキュリティを出荷時より変えてあるので)

速度も、問題ないです。(測定はしていませんが)

ネットで調べると、動作保証外ですが、ハブをつなぐと2台以上のPCが接続できるとのことです。
早速試してみましたところ、ちゃんと動いています。
もちろん、メーカーの動作保証外ですので、自己責任で!


AmazonでKasperskyが激安 [パソコン]

現在、セキュリティソフトにはKaspersky Internet Security 2013を使っています。
(Kaspersky Internet Securty 2012から無償バージョンアップ

ライセンスが切れたので延長ライセンスを買おうと思ったのですが、思ったより高い。
もしかして、と思って通販サイトを見てみると、やはりパッケージ版を買った方が安い!

2014への無料バージョンアップは今まで通りなのですが、現在だと3ヶ月延長ライセンスがついてきます。(ただし、使えるようになるのはライセンスが切れた3年後ですが・・・)

Windows, Mac, Androidと合計10台までインストールできる3年プライベート版を購入することにしました。
Amazonを見てみると、5,190円でクーポン利用で2,000円引き、しかも他の商品と一緒に買うと1,000円引きと、実質2,190円で買えることになります!




1,260円の文庫本一冊と一緒に購入しました^^ それでも、合計で約3450円です。

NOVA 10 ---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)

NOVA 10 ---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)

  • 作者: 菅 浩江
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/07/05
  • メディア: 文庫




とりあえず、PC3台(デスクトップ2台、ノート1台)に入れました。(アクティベーションコードを入れるだけ!)

アンドロイドスマフォ(DIGNO DUAL)にも、試しに入れてみました。
業務で使うのなら、セキュリティ上で有効な機能もいろいろありますが、個人で使うにはちょっとオーバースペックかな? (紛失時にGPSで探せるのは良いけど、国際SMS料金が発生してしまう)

Windows7 無事復旧 [パソコン]

復活したWindows 7マシンですが、以前ノートPC換装用に買った60GB SSD (SATA3、Corsair)が残っていたので、追加することにしました。
3.5インチベイがないので、あいたFDDベイに入れようと思ったのですが、SSD付属のマウンターだと、穴が合いません。電気ドリルで穴をあけてしまえ、と思ったりしたのですが、5インチベイがあいているので、そこに取り付けることにしました。5インチ→3.5インチ→2.5インチと二段重ねになるのかとおもったら、ちゃんと2.5インチ対応5インチマウンドアダプタがあるのですね。

SSD 2台で、SATA 6.0(120GB)+SATA 3.0(60GB)という変則的な構成になりました。
(DB75ENにはSATA 6.0は一つしかないのですが)
60GBのほうは、D:ドライブのデータ用にすることにしました。

Windows XPのHDDからWindows 7へのデータ移行で、最大の問題はメールの移行です。
ちゃんとXPマシンが生きていれば問題なかったのですが・・・。

使っているメールソフトはShuriken 2012です。
サポートサイトを探したところ、下のような情報がありました。
http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=051537

指示通りにすると、ちゃんと外付けHDDケースに入れたXPマシンのメールデータが読めました。
ちゃんとバックアップし、D:ドライブにリストアするとOK 助かった。

Windowsエクスペリエンスです
グラフィックボードなし
エクスペリエンス0502.png

グラフィックボード追加 (GeForce GT 240)
エクスペリエンス0503.png
当然ながら、Core i3マシンより速いです。
SSDなので無音になりましたが、ケースファンもCPUクーラーのファンも静かです。

さて、最後の問題はプリンタです。
Canon iP4200は、問題なく動作しています。(最近、発色が悪くなったので、そろそろ買い換えかな?)
ALPS MD-2000Jは、XPにあった標準ドライバーがなくなりました。
以前有償で購入したWindows 2000用ドライバーを入れてみましたが、動きません。

ネットで調べてみたところ、ALPS MD-2010のOEM?であるcitizen printiva 600cのドライバーが使えるとの情報がありました。
米国やヨーロッパのシチズンのサイトを見てみましたが、ドライバーはありません。
あきらめて?普通にWindows Updataをしてみると、一覧にcitizen printiva 600cが出てきました。
試してみると、無事印刷できました!
もちろん、モノクロ・カラー印刷の最低限の機能しかないのですが、これで一安心です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

XPマシン故障、7へ再生 [パソコン]

以前のデスクトップパソコン、今はもっぱら妻が使っています。(ノートPCもですが(^_^;
http://kintokimame.blog.so-net.ne.jp/2007-07-14

XPサポート終了まであと1年を切ったこともあり、(8ではなく) Windows 7にすることにしました。
HDDまたはSSDを追加して、そこにWindows 7を入れるのが一番簡単かな。しかし、ケースがミニタワーなので、空き3.5"ベイがありません。(5インチベイは1つあいていますが)
とりあえず、中を掃除することにしました。ケースファンとCPUクーラーのファンなどをエアーダスターで埃を吹き飛ばしました。

次の日、電源を入れてしばらくしたところ、なにやら焦げ臭い臭いがして電源が切れたとのこと!
再度電源を入れ直しても、画面表示されません。LANとUSBポートのLEDはついているのですが、電源LEDが点灯していません。これはM/Bがお亡くなりになったのかも・・・。

次の日、ショップへ持って行って見てもらったところ、みごとに?M/Bが焼けていました。(電解コンデンサーのパンク)
ちょうどよい機会ですので、組み替えることにしました。

CPUですが、i3は今のマシンの経験上パス。i5かi7か迷ったのですが、i5で十分とのことなので、i5にしました。
M/Bはパラレルポートがついているのを選んだので、インテルDB75ENになりました。

ケースは、Antecなので再利用することにしました。(USB 3.0には対応していませんが)

電源は、以前一度不調になったこともあり、グラフィックボードを強化しても大丈夫なように交換。(380W→550W)

IDE接続のDVDドライブとFDDドライブは、破棄されました。FDDドライブがなくなるのは寂しいですが、USB外付けFDDドライブがあるからいいかと。FDDのあったところには蓋さがれました(^_^;

ノートPCでSSDを使っていると、もうHDDには戻れないので、インテル製SSDを選択(120GB)

OSがWindows 7 Home Premium 32bit(リファービッシュ版)なのでメモリは4GB
(M/Bも交換したし、どこまでがリファービッシュなのかよくわかりませんが、以前入っていた旧OSともひも付けされている正規ライセンスなので、問題なし)

追記 メモリは+4GBで合計8GBにしました。
Ramディスクを設定すると、450MB程度しか確保できませんでした。少なくとも1GBは欲しいので、メモリを追加しました。一応、DUALチャンネルになりました(^_^)

旧XPパソコンのHDDを入れるケースもついでに購入。




帰ってきて、早速つなごうとしたら、PS/2ポートが1つしかありません。
USB~PS/2変換アダプタを購入。

USB-PS/2 変換ケーブル RC-U2MK

USB-PS/2 変換ケーブル RC-U2MK

  • 出版社/メーカー: ルートアール
  • メディア: エレクトロニクス



取り外したグラフィックボードを入れ、旧HDDをUSB接続し、無事復旧しました。
詳細は後ほど・・。

一太郎2013の電子辞書 [パソコン]

一太郎2013 玄 プレミアム(バージョンアップ版)を購入しました。




お目当ては、2013で追加された「デジタル大辞泉」(小学館)です。
2011の「大辞林」(講談社)、2012の「明鏡国語辞典」(大修館)と、いつのバージョンか忘れましたが「岩波国語辞典(第六版)」(岩波書店)の4つの辞書・辞典が使えます。(「広辞苑」はオプションで使えますが、まぁ、いいかなと)
英語は「ジーニアス英和・和英」だけとうのがちょっと残念。(オプションで「ロングマン英英・英和」もありますが)
ATOK2013DIC.jpg

残念ながら、辞書は切り替えだけで、同時に復習の辞書を開くことはできません。
(串刺し検索はできるのに、残念)

iPhone5 [パソコン]

妻が、ガラケーからiPhone5(au版)に機種変更しました。(32GB:白) 
KDDIポイントが5,000ポイントあったので、本体価格から値引きして貰いました[わーい(嬉しい顔)]

妻が今使っているのはiPod touch(第4世代)なので、それとの比較です。

金属ボディのため、持つとずっしりと感じ、重量感・高級感があります。
素手で持つと冷たく感じます。

iPod touchではiOSを更新してもSiriは使えなかったのですが、
iPhone 5だとSiriなど音声入力が使えるようになったのは非常に大きいですね。
日本語だけでなく、英語や中国語でも音声入力ができます。(要:ネイティブ発音[あせあせ(飛び散る汗)]
キーボードにマイクマークがあれば、アプリ自身が音声入力に対応していなくても使えてしまうのは良いですね。

例えば、Google翻訳で音声入力をし、そのまま翻訳し、そして発音できるのはすごいですね。
(ドコモなどがAndroid携帯で翻訳サービスをしているのとは一長一短だと思いますが)

以前使っていた携帯(ガラケー)からのアドレス帳の移行ですが、携帯ショップで教えてくれたauアドレス帳経由の方法ではうまくいきませんでした。結局、パソコンで、Micro SDカード経由で行いました。

SMS(Cメール)とMMS(Eメール)の使い分けも、どうも判りづらいですが、なんとか解決しました。

WiFiの設定はiPod touchと同じですが、iPhone5は5GHzに対応してるので、5GHzに変更しましたが、どうも電波状態がいまいちなので、2.4GHzも入れました。
(※無線LANの暗号化キーは大文字で入れる必要があります)

アプリや音楽などのデータ移行も、結局は、iTunes経由で簡単に行えました。
(アプリは自動更新、音楽データはコピーすればOK)

田舎なので、LTEはのサービスエリア外のため、3Gでしかつながりません。
家ではWiFiの方が圧倒的に速いです。

さて、自分用にはWALKMAN F(Android)でも買おうかな?

SONY ウォークマン Fシリーズ [メモリータイプ] 32GB ブラック NW-F806/B

SONY ウォークマン Fシリーズ [メモリータイプ] 32GB ブラック NW-F806/B

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



DIGNO Dualが安くなったら買うんだけどな…。

Windows8 には ATOK2013を [パソコン]

 Windows8を入れて使ってみていますが、最大の不満はMS-IMEしか使えないことです。
 (デスクトップモードではATOK2012とかは使えますが)

 ATOK2013の試用版が公開されたので入れてみました。
http://www.atok.com/camp/touch2013/

 もちろんディスプレイやマウスがタッチ対応でないので使える機能は限られていますが、はるかに使いやすくなりました。
 Windows8をお使いの皆様、ぜひ試してみてください。
 (発売日まで無償で使えます)


ATOK 2013 for Windows [プレミアム] 通常版

ATOK 2013 for Windows [プレミアム] 通常版




 当時に、一太郎2013も発表されましたね。
 ATOK2013が搭載されているのはもちろん、搭載されているフォントが「秀英体フォント」というのがすばらしいです。(たしか、「一太郎 文藝」にしか搭載されていなかったはず)

 一太郎2011のモリサワフォントは一太郎でしか使えない制限がかかっていて使いづらかったですが、一太郎2012のヒラギノフォントはそのような制限がなく、使いやすいです。
  このフォントだけでも買う価値はあるかも。
 また、辞書も小学館の「デジタル大辞泉」に変更されましたし。(2012は三省堂の「大辞林」)


一太郎2013 玄 プレミアム 通常版

一太郎2013 玄 プレミアム 通常版

  • 出版社/メーカー: ジャストシステム
  • メディア: DVD



Ram Phantom EXでRamdisk作成 [パソコン]

先日Windows7にアップグレードしたHPノートですが、SSDの寿命を延ばすためと高速化のため、Ram Diskを入れてることにしました。

当初はデスクトップと同じアイオーデータ機器社のRam Phantom EXを使っていました。
http://www.iodata.jp/product/soft/speed/ramphantomex/

しかし、内蔵グラフィック(GeForce 9300M)との関係か?Ram Diskのサイズを大きくすると不安定になるような感じがしました。

ニュースを見てみると電机本舗から個人利用に限り無償で使えるRamdiskソフトがリリースされたので、使ってみることにしました。

【フリーウェア】最大64GB対応・RAMDisk「RAMDA」
http://www.dnki.co.jp/content/view/144/1/

試してみましたところ、初期設定が仮想メモリの設定となっていて、OS管理外メモリを利用するのは非常に面倒です。
「パワーユーザーの方が活用してください」の注意書きがあります。
それでも何とか設定して利用できるようになりました。

難点1:バックアップ先が固定で、変更できるのはプロ版のみ。
 → Ram Phantomは変更可能。
難点2:シャットダウン時にバックアップされているかどうかわからない。
 → Ram Phantomはシャットダウン時にちゃんとバックアップ実行画面が表示され、バックアップが完了された後にシャットダウンが完了する。

使っていると、ドライブの内容が不正になったのでチェックディスクをしろとのメッセージが出るようになり、時々ATOKの調子が悪くなったりしました。アプリケーションソフトによってはキャッシュが正常に読み取れないようになりました。ついには、Ramドライブのデータが破損してしまいました!

結局、元のRam Phantom EXに戻しました。
Ram Phamtom EXも欲張らずに、OS管理外メモリだけを使用していると安定しています。
SSDの書き込みを減らすために、バックアップ先をUSBメモリにしました。USB 2.0なのでバックアップにちょっと時間がかかりますが、私の使用している環境では200、300MBぐらいなので我慢できる範囲内です。

有償であっても、安心して使える方がいいのは言うまでもありません。
前の10件 | - パソコン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。